七五三

~七五三とは?~

・七五三は、男の子は3歳と5歳、女の子は3歳と7歳にそれぞれの意味を持ち、お祝いするしきたりですが

「いつ頃やるものだろう?」「由来は何だろう?」

そんな、ちょっとしたことを、箇条書きですがご紹介してみたいと思います。

 

~七五三の由来~

・七五三の由来は室町時代にまでさかのぼります。

当時は幼児の死亡率が現在と比べものにならないくらいに高く、生まれてから3~4年くらい経ってから当時の戸籍に当たる人別帳、氏子台帳に記載されたようです。

七五三は死亡率の高い危険な幼児期を乗り切って、無事に大きくなった節目としてその土地の神様に感謝とご加護を祈る儀式として徐々に定着していったようです。

・三歳で言葉を理解するようになり、五歳で知恵づき、七歳で乳歯が生え代わるなど

発育してゆく上で病気にもなりやすく、様々な危険を伴う時期なので、健や かな成長を氏神様にお祈りをする。

現代的に言えば、子供を想うご両親の愛情表現の行事という意味合いが強くなっています

 

~それぞれの意味~

・3歳…男女とも髪を伸ばし始める ”髪置(かみおき)”

・5歳…男の衣服である袴を着る ”袴着(はかまぎ)”

・7歳…女の子の着物帯の装い始め ”帯解(おびとき)”

 

~日程~

・七五三は11月15日に行うのが一般的で、近所の神社やお宮参りをした神社に晴れ着を着て親子でお参りします。

 

~参拝後の食事など~

地域によっては赤飯や紅白餅をご近所さんへ配る場合もあるようですが

特別「七五三用のお料理の献立」があるわけではありませんので

強いて言えば「集まった方たちの好きなものを召し上がってもらう」という感じでしょうか。

もちろん、いつもとちょっと違う食材を使うことでお祝いの雰囲気が一層高まると思います。

例えば、「赤飯、ちらし寿司、天ぷら、茶碗蒸し」などといったものでしょうか。

もちろん、主役である子供たちの喜ぶ「唐揚げ、ハンバーグ」なども大丈夫です。

 

 

~千歳飴~

・七五三と言えば千歳飴ですが、もともとは江戸時代に子供の健やかな成長と長寿を祈り

「長く伸びる」という縁起にあやかって、おめでたい紅白の長い棒飴が作られたといわれています。

また、袋には「寿」の文字や「松竹梅」、「亀は千年、亀は万年」といった長寿を願う絵柄が

描かれていることが多くあります。

・千歳飴は折ってもよく、逆に福分けとして親戚やご近所に配る習慣もあったりします。

 

配達エリア

地図は配達エリアの目安となりますので、詳しくはお気軽にお問合せください。

5,000円(税込)以上のご注文で配達いたします
茨木市全域、高槻市中心部
8,000円(税込)以上のご注文で配達いたします
摂津市鳥飼、正雀、千里丘、三島、鶴野、学園町、桜町、昭和園、香露園
吹田市青葉丘、新芦屋
15,000円(税込)以上のご注文で配達いたします
吹田市山田全域、岸部全域
箕面市小野原全域、粟生全域
摂津市新在家、一津屋、別府、浜町
20,000円(税込)以上のご注文で配達いたします
高槻市上牧、梶原、成合、萩谷、原、川久保、田能、出灰
島本町

ご注文・お問い合わせ


お気軽にお問い合わせください

受付時間 / 8:30 ~ 18:00

定休日 / 年中無休(年末年始除く)